top of page
  • Facebook
  • Youtube
  • Instagram
  • X
  • TikTok

「」に対する検索結果が32件見つかりました

  • 格安HP制作会社は危険!?その理由と正しい業者の選び方

    2022年のインターネット普及率は個人の世帯では93.6%、企業では95.4%と、もはやネットを利用していない人は皆無と言ってもいい時代になりました。しかし未だに「ちゃんとした自社のHPを持っていない」「HP制作や運用にかける予算が乏しい」とお悩みの企業様も多いようです。 その結果、ついつい広告につられて格安のHP制作会社に依頼し、思わぬトラブルや出費に至ってしまった、という人も少なくありません。 そこで今回は「格安HP制作会社を選ぶメリットと落とし穴」「どのような会社なら信用できるか」などについて解説していきます。 格安にHPを制作できる理由 まずは「そもそもなぜ格安にHPを制作でき、一般的な価格帯の会社と何が違うのでしょうか。 実質HP制作コストの99%は人件費です。HPの制作には、ディレクター、デザイナー、エンジニアなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが関わっています。格安HP会社は業務を効率化、簡易化し、人員を削減することで制作にかかるコストを抑えているケースがほとんどです。 HPデザインをテンプレート化することで、デザイナーの人員を削減する 社長自らがディレクターや営業を兼業する ノーコードやローコードなど、簡易なHP制作メソッドを使ってエンジニアの人件費を抑制 このように格安HP制作会社は効率的に人件費を安く抑えることで制作コストに還元しているんですね。 また、HP制作実績が多く、管理運営サイトからの管理運営費で多くの収入が見込めるためにHP制作費を抑えられるというケースもあります。 中には必要最低限の機能だけを備えたHPを制作し、目次作成、画像挿入など、全てにオプション料金がかかる会社もあるので注意が必要です。後半で格安HP会社の落とし穴についても詳しく解説しますので参考にしてください。 格安HP制作会社を選ぶメリット 初期費用が安い 格安HPを利用するからには当然期待するのはコスト面の負担軽減ですよね。一般的な制作会社だと、オプションを削っても15万円~30万円と高額な初期費用がかかります。 一方「格安でHP制作請け負います」という会社は、一般的に7~8万円で制作を請け負ってくれるケースが多く、大きなコスト削減につながります。 納期が早い 格安HP制作会社は、とにかく数をこなして、回転率を上げることで大きな利益につながります。つまり、少しでも早く完成させて次の仕事に取りかかりたいという心理があるので、納期も早い傾向があります。 一般的な制作会社が1~2ヶ月を要するのに対し、格安HP制作会社の多くは1~2週間で納品可能です。 打ち合わせが簡易 一般的な制作会社を利用する場合、構成やデザイン、またはどのようなターゲットにどんな情報を提供するかなど綿密な打ち合わせを行います。 さらに、高価格帯の制作会社になると、競合他社や自社の課題を分析するなどの、コンサルティングからスタートするケースもあります。初めてHPを制作する人にとっては、あまりに綿密な打ち合わせが逆に負担になることもありますよね。 格安HP制作会社の打ち合わせは基本的に簡易なものなので、制作の依頼を気軽にできるというのも一つのメリットと言えます。 初めてのHP制作に最適 「自社のHPは欲しいけど、いきなり大金をかけて失敗したらどうしよう」と不安を感じている企業様も少なくないでしょう。 初めてのHPは格安HP制作会社の利用がおすすめです。高価格帯の制作会社に「どのような構成やソリューションをお求めですか」と尋ねられても、ぼんやりとしてイメージが湧かないことも多いでしょう。 むしろHPを作ってから「こういうデザインにしたいな」とか「ここにアニメーションを入れよう」など、次々にアイデアが浮かんでくるものです。今後高価格帯での制作会社を予定しているならば、あえて一度格安HP制作会社で試してみてもいいかもしれません。 格安HP制作の落とし穴 格安でHPを制作でき、納期も早く、打ち合わせも簡単。一見メリットばかりのように見える格安HP制作会社ですが、実は思わぬ落とし穴があったり、悪質な会社が存在したりなど、一定のリスクもあります。 ここでは初めての人がよく陥る落とし穴について解説します。 結果的に他の会社よりも高くついた 提示された見積もり額が安いからと、安易に格安HP制作会社に依頼してしまうと、かえって費用がかさむ場合があります。 プランに含まれるのは簡易なHPのテンプレートと文章の入稿のみで、今やHPに必須とも言えるモバイルレスポンシブやお問い合わせフォームまで有料オプションというケースも。HPがまともに機能するために多数のオプション追加が必要になり、結局一般の制作会社よりもコストがかかってしまった、という事もありえます。 また「初期費用は確かに安く済んだけど、運用管理費が明らかに相場より上だった」というケースもあります。初期費用の安さで利用者を募り、ずさんな運営管理にも関わらず高額の請求をする会社が存在するのです。 運営管理費のボリュームゾーンは月額1~2万円です。もし月額3万円かかったとしたら、1万円の会社と比べて年間24万円、5年で120万円もの余計な出費に。結果的に高くつく事になってしまいますので注意しましょう。 HPのクオリティが低い 格安HP制作会社の多くはHPのデザインテンプレートを用意しています。テンプレートに画像データやテキスト、ロゴを流し込むことにより簡易にHPを制作でき、制作コストも抑えられるという仕組みです。 しかし格安HP制作会社によってはそもそもこのテンプレートのクオリティが低い、またはテンプレートが数種類しかないという問題も起こりえます。いくら素敵なロゴや画像データを用意しても、テンプレートのクオリティが低ければ元も子もありません。 また、テンプレートの種類が少ないと「入れたい情報が入れられない」「理想のデザインに近いものがない」などの不満につながってしまいます。 なかなか作業が進まない 格安HP制作会社はは基本、競合他社のマーケティングリサーチなどのコンサルティング的な業務は行いません。なので依頼する際、競合他社との差別化、理想とするHPの骨組みなどは依頼主の方ですでに作り上げておく必要があります。 もしそういったイメージが無いまま制作を依頼する場合、制作会社との細かいやりとりが必要になりますが、制作会社によっては連絡がスムーズにとれないケースもあります。 こちらから連絡を入れても返事に2~3営業にかかり、往復4日間かかるということも。作業がなかなか進まない事で大きなストレスを感じるかもしれません。ローンチの予定日に間に合わない可能性も出てきますので、レスポンスの早さも重要です。 信頼できる格安HP制作会社の選び方 HP制作会社をうかつに選んでしまうと、思わぬ落とし穴があることがお分かりになったと思います。それではどうやって信頼のおける格安HP制作会社を見極めればいいのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介します。 料金設定がはっきりしている 提供しているプランがどのようなサービスを含んでいるのか、どんなオプションがあり、費用はどれくらいなのかをはっきり明記している会社を選びましょう。 また、プランに簡易的なSEO、モバイルレスポンシブが含まれている事も重要です。 運営管理費は格安HP業者であれば1万円未満~高くても2万円程度なはずです。製作費が格安でも管理費が2万円を超えるならば考え直した方がいいかもしれません。シンプルな料金設定を、わかりやすい場所に明記している会社をえらびましょう。 価格が適正である 格安HP制作会社の中には、徹底的に人員を削減することでコストを極限まで下げている会社もあります。そのため連絡に遅れが出たり、クオリティが低かったり、さまざまなトラブルが起こる可能性も高くなってしまいます。 ただ安いだけではなく、必要な人員を配置し、効率的な制作フローによってコストを下げ、適正な価格を提示している会社を選ぶことが大切です。 テンプレートの種類が豊富 格安HP制作会社のほとんどはオリジナルのデザインではなくデザインテンプレートを採用しています。そのため、100%理想のHPを制作するのは容易ではありません。 しかし用意されたテンプレートの中から少しでも自分の理想に近いものを選ぶことで、より満足度の高いHPを制作することは可能です。 そのためにはテンプレートの種類を豊富に用意している会社を選ぶことが重要です。。たくさんのデザインが用意されていれば、その中に限りなく自分の理想に近い選択肢もあるはずです。 レスポンスが早い 格安HP制作会社は納品スピードの早さもメリットの一つです。もちろん早い納品のためにはレスポンスの早さも重要です。 良心的な会社であればお問い合わせフォームのところに「○営業日以内に返信いたします」と明記されています。そのような表記が無い場合はレスポンスが遅い可能性があるので注意しましょう。 確実にHPをローンチしたい期限があるならば、なおさらスピーディーにやりとりできる会社を選んだ方が賢明です。 多数の制作実績を公開している 格安HP制作会社が自社のクオリティに自信を持っているなら、必ずその制作実績を公開しているはずです。公開されている多数の実績を参考にすれば、自社のHP制作もイメージしやすいでしょう。 また、制作物を見比べて「ワンパターンではないか」「訪問者を惹きつける工夫がなされているか」などのポイントもチェックできます。 クリエイティブラビットは全ての条件をクリア クリエイティブラビットは、以上で解説した条件を全てクリアしている格安HP制作会社です。基本的なプランが格安なのはもちろん。簡易SEO設定、モバイルレスポンシブも追加料金なしで対応。 そのほかのオプションにも明確な料金を設定しているので「思った以上に高額になった」という心配はありません。サイト運営料金も5500円~11000円の3つのコースから選ぶだけなので、非常にシンプルでリーズナブル。 クリエイティブラビットはノーコードで、効率的にHPを制作することでコスト削減に成功。デザイナーやディレクターなどの重要な人員をしっかり確保しているから、低コストでハイクオリティなHP制作を実現しています。 テンプレートの数も非常に豊富。過去の制作実績を公開しているのでぜひご覧ください。テンプレートを使用しているとは思えない、クリエイティブなHPの数々をご覧いただけます。常時当社のデザイナーが新しいテンプレートを作成しているため、今後もハイクオリティなテンプレートを随時追加していく予定です。 レスポンスは遅くとも1営業日以内。スピーディーにやりとりを行い、迅速な納品をこころがけています。制作料金は4万円~。1週間で納品が可能!超格安・スピード納品・高クオリティで対応いたします。 どの格安HP制作会社に依頼するか迷っている人はぜひ一度お問い合わせください。 まとめ 「格安HP制作会社に頼むのはいろいろと不安がある」という人も多いと思います。しかし、適切な判断基準を持つことで、信頼できる制作会社を見極めることは可能です。 今回解説した内容を参考にしながら、ご希望や予算にあった格安HP制作会社を見つけてください。クリエイティブラビットもその選択肢に入れていただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!

  • 制作会社まとめサイト「WEB制作相談室」に掲載されました!

    このたび、「WEB制作相談室」のホームページ制作会社コラム記事に「クリエイティブラビット合同会社」が掲載されました。 WEB制作相談室は、株式会社ニュートラルワークスが運営するメディアサイトです。 掲載ページでは、豊富なテンプレや月額定額サービスが強みの格安WEB制作会社としてご紹介いただいています。 この機会に、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。 ★こちらが掲載されましたページです。 ↓↓↓ 北海道のWeb制作会社一覧・比較|強み別・業界別・制作カテゴリ別 | WEB制作相談室 クリエイティブラビット合同会社は、Wix公式パートナーとして活動している札幌市のWeb制作会社です。 制作料金は4万円~。1週間で納品が可能! 超格安・スピード納品・高クオリティで対応いたします。 ロゴや名刺、提案資料制作も行っているので、まるごとおまかせ下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。 ホームページ制作や広告運用、制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。 ↓↓↓

  • 集客に繋がるホームページとは?Wixを使った10の作成ポイント

    テクノロジーの進化で、誰もが自分でホームページを作れるようになりましたが、何の策も練らずに作成しても成果に繋がることはありません。 そこで本記事では顧客獲得に繋がるWixホームページ作成のポイントを10個ご紹介します。初心者でも分かりやすいように解説しているので、ぜひご自身のWebサイト作成のヒントとして取り入れてみてください。 ホームページで集客するメリット ホームページを持つメリットは、何といっても24時間365日集客ができるという点。既存の顧客や紹介だけで運営できる場合もありますが、現在のコロナ禍では対面営業が難しいという方も多いでしょう。そんなときにホームページがあれば、いつでも集客できるため重要な営業ツールとして活躍します。 また、現代は購入する前に検索をかけて情報収集する時代です。ホームページを持つことで無理な営業をして見込み客に嫌われるようなことがなくなり、サイトに興味を持った訪問者のみを相手にできるため、成約率が高くなるのもメリットです。 さらに、実際に足を運ばず日本中に商圏を広げられるため、人件費をかけずに営業力や販売力がアップするのも魅力です。 ホームページ作成の失敗ポイント せっかくホームページを作っても集客効果を感じられない場合は、何か原因があると考えましょう。下記ではホームページ作成の代表的な失敗ポイントをあげています。 ホームページの目的が設定されていない ターゲットが設定されていない 内容が充実していない アクセス解析ができていない 定期的な更新がない ①ホームページの目的が設定されていない 会社を立ち上げたからとりあえずホームページを作ろうという曖昧な目的では集客に繋がりません。たとえ競合他社のサイトを参考にしたとしても、自社が掲げる目的が分からないままでは達成基準が分からなく、何をもって成功といえるか不明になってしまうでしょう。 そのため、「ユーザーがどのようなアクションを起こしてくれたら成功なのか」「ホームページにどのような役割を持たせたいのか」など、ゴール達成基準ポイントを明確にすることが重要です。 ②ターゲットが設定されていない ターゲットが設定されていない場合、どのような人相手のサービスなのか情報がまとまりづらくなってしまいます。曖昧な内容になっていては、せっかくの集客の機会を逃してしまうでしょう。 ターゲットを明確にするには、サービスを受ける人がどのような人か具体的に考えることが重要です。サイトを訪れる人の年齢や職業、性別や居住地を想定しながらホームページを作成してみてください。 ③内容が充実していない 見た目のインパクトにこだわってばかりで内容が不十分では、会社に対する信用不足や情報不足に繋がり集客効果を見込めません。また、デザインを重視するあまり、操作が難しくなってしまうのも問題です。 常に顧客の目線になって、「どのようなデザインなら見やすいか」「ユーザーはどのようなコンテンツを必要としているか」を意識しながら作成しましょう。 ④アクセス解析ができていない ホームページを作った段階で満足しアクセス解析ができていない場合は、実際にサイトを利用しているユーザーの傾向が分かりません。 サイト内のどのようなコンテンツが見られているのか、直帰率や離脱率はどうなっているのかなどを詳しく分析・改善することで、よりよいホームページになっていきます。 ⑤定期的な更新がない 定期的に更新されていないと、企業への不信感に繋がる可能性があります。会社の運営と同様に、ホームページも常に最新であるように意識しましょう。 また、アクセス解析による改善だけでなく、コンテンツの追加やブログの更新などの手を加えることも大切です。時流や競合の調査も行いながら、自社のサイトへと反映させましょう。 集客に繋がるホームページの作成ポイント 成果の出るホームページを作成するには、以下10個のポイントを抑えることを心掛けましょう。失敗ポイントで挙げたポイントを補足しつつ、他にも重要なポイントをご紹介します。 作成する前に検討すべきポイント ホームページの目的を決める ターゲット層(ペルソナ)を設定する 自社の強みを考える コンセプトを決める ホームページのデザイン(テンプレート)を考える 独自ドメインを取得する コンテンツを充実させる 検索エンジン(Googleなど)に公開を知らせる SEO対策を施す 定期的に更新する ①ホームページの目的を決める ホームページを作成する前に、開設の目的を決めましょう。その目的を定めることで、訴求するターゲットや必要な機能・誘導方法が明確になります。 代表的な目的例 資料請求や問い合わせの獲得 認知度のアップ 見込み客の獲得 目的は原則1つ、或いは2つ以内に絞るのがおすすめです。目的を選定できたら、それに最適なホームページの機能を洗い出します。 目的別ホームページの機能例 資料請求や問い合わせ獲得が目的…問い合わせボタンを目立つ位置に設置、追従バナーの設置 認知度のアップが目的…Google広告やYahoo!広告などのリスティング広告を打つ、外部メディアから自社サイトへの勧誘 見込み客の獲得が目的…メルマガ登録・ホワイトペーパー・セミナー申し込みなどを設置 訪問者がどのようなルートでホームページを閲覧するのか、ユーザーによって会社との接点のハードルをどのように設けるかなどを考慮することがコツです。 ②ターゲット層(ペルソナ)を設定する 成果に繋がるホームページ運営の一番の近道は、ターゲット層(ペルソナ)を明確にすることです。「より多くの人に見てもらいたい」「幅広い層を集客したい」という理由でさまざまな物に手を出してしまうと、サイトの方向性を見失ってしまいます。 「ペルソナ」とは、まるで実在するかのような人物像のことです。この人物像を描き出すことで、ユーザーがどんな思考、行動、接点などを持って購買や問い合わせに至るかなどの理解ができると言われています。 より訴求力を強め、集客に繋げるためにも、そのサービスを本当に必要としている人に向かってメッセージを伝えていきましょう。 ③自社の強みを考える ペルソナの設定ができたら、サイト訪問者から選ばれるような自社の強みや顧客へのメリットをアピールしましょう。自社の強みを正確に知るためには、「3C分析」や「SWOT分析」という分析方法がおすすめです。 「3C分析」とは、マーケティング戦略を考える際に用いるフレームワークの1つを指します。3C分析を利用すれば、顧客や市場のトレンドや競合他社の動向、自社の現状をコンパクトに分析でき、「どのような事業展開が市場や顧客にマッチするか」や「競合他社との差別化を図れるのか」が分かります。 一方の「SWOT分析」とは、現状分析のために使われるフレームワークの1つを指します。自社やホームページの分析を行うことで方向性や改善点が洗い出され、コンテンツなどの内容を効果的に決めることができる方法です。 ④コンセプトを決める ペルソナの設定や自社の強みを明確にしたら、具体的なサイトコンセプトを決めましょう。初めにコンセプトを決めておけば、サイトを作成していく中でのブレが生じず、訪問者に情報が届きやすくなります。 コンセプトを決める際は「5W1H」の活用がおすすめです。本来の5W1Hとは少し解釈が異なりますが、以下を参考にしてコンセプトを作成してみてください。 目標を達成できるホームページを作成するためにも、明確なコンセプトが分かるまでしっかり分析することが大切です。 ⑤ホームページのデザイン(テンプレート)を考える ホームページの目的やターゲット層、コンセプトなどが明確になったら、ホームページのテンプレートを選択しましょう。Wixには900種類以上のテンプレートが用意されているため、自社サイトに最適なデザインを簡単に見つけられます。 ターゲット層が興味を持つようなデザインを選び、トップページには誰が見ても何の業種か判断できるような画像を使うことが大切です。テンプレートをベースに、配色の変更や機能の追加などの細かなカスタムができるため、簡単にオリジナリティ溢れるサイトを作れます。 もし、デザインアイディアが思いつかない場合は、成功している競合サイトを参考にしたり、Pinterest(ピンタレスト)などのSNSからインスピレーションを得ることもおすすめです。 ⑥独自ドメインを取得する 独自ドメインを取得し、企業の信頼度やブランディング効果、SEO効果を高めましょう。 ドメインとは、URLにおける「○○○.com」や「○○○.co.jp」にあたる部分のことです。インターネット上における住所のような役割があり、Webサイトがどこにあるのかを判別する情報として使われます。 その中で、自身で取得するオリジナルのドメインのことを「独自ドメイン」と呼びます。なおWixでの独自ドメインの設定方法は、こちらの記事からご確認いただけます。 ⑦コンテンツを充実させる 土台をしっかり固めたところで、いよいよ内容の準備を行います。コンテンツを作るには、構成図(サイトマップ)を作ることが大切です。 構成図はホームページの設計図にあたるもので、構成図の出来次第でサイトの仕上がりや見やすさに大きく関わるもの。デザインやレイアウトよりも重要なため、量より質を重視しながら作成しましょう。 サイトマップ作成の手順 必要なページを書きだす ↓ 書きだしたページをカテゴリごとに分ける ↓ 分類したページを階層構造に組み立てる 上記の流れを参考に、必要なコンテンツを考えてみてください。なお、階層は深くしすぎるとホームページの見栄えが悪くなり、SEO的にもよくないため3~4階層程度に抑えましょう。 ⑧検索エンジン(Googleなど)に公開を知らせる ホームページが完成したら、Google・Yahoo!・Bingの検索エンジンに公開を知らせましょう。ホームページを検索結果に表示させるには、自分で検索エンジンに申請することが必須です。 なお、申請後すぐには検索に反映されないためご注意ください。サイトの品質やタイミングによって、数日~数週間の時間がかかります。 ⑨SEO対策を施す 検索順位が低いとユーザーがサイトを訪れる機会が大幅に減ってしまうため、上位表示させるよう工夫しましょう。検索結果で上位表示させるには、SEO対策を行う必要があります。 ホームページを作成する際は、一定のSEOガイドラインに従って手順を踏むことが大切です。表示速度やスマホでの閲覧のしやすさに着目したり、コンテンツにユーザーが検索しそうなキーワードを組み込んだりなどさまざまな工夫をしてみましょう。 どこからSEO対策を始めたらよいか分からない場合は、「Wix SEO Wiz」というWixの革新的なSEOツールを活用するのがおすすめです。 ⑩定期的に更新する アクセス解析ツールや検証ツールを使って定期的にサイトの状態を分析・改善することは、サイトの健康状態を把握するのと同じことです。コツコツと改善を繰り返すことで徐々にサイト閲覧数が増え、集客にも繋がります。 うまく改善が反映されていない場合は、「なぜそうなったのか」「設定した目標が高すぎたのではないか」などと原因を探り、再度計画していきましょう。一度の修正では劇的に状況が変わることはほとんどないため、根気よく分析・改善するのが基本です。 リスティング広告やSNSを活用して集客しよう 集客力を高めるには、上記10ポイントを理解することが大切ですが、具体的に認知度のアップや集客へと繋げるには、リスティング広告やSNS(Facebook、Twitter、Instagram)の活用も見逃せません。 リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に表示されるクリック課金型の広告のことで、国内ならGoogle広告やYahoo!広告の2つが代表的です。ユーザーが検索した結果に基づいて表示されるため、ニーズがはっきりと分かっているユーザーに対して効果的にアプローチできます。 FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに掲載する広告も活用する価値があるでしょう。特に、FacebookとInstagramではユーザーの性別や年齢、ライフスタイルに関連する広告を表示させることができるため、リスティング広告のような活用が可能です。 或いは広告として打ち出さなくても、SNS投稿によって宣伝することも効果的です。BtoB目的といった意味合いが強くなるものの、自社のブランディングに役立ち無料で活用できるためぜひ導入しましょう。特にTwitterは拡散力が強いため、認知度アップに役立ちます。 まとめ 集客に繋がるWixホームページの作成ポイントは、 ホームページの目的を決める ターゲット層(ペルソナ)を設定する 自社の強みを考える コンセプトを決める ホームページのデザイン(テンプレート)を考える 独自ドメインを取得する コンテンツを充実させる 検索エンジン(Googleなど)に公開を知らせる SEO対策を施す 定期的に更新する 上記10個です。はじめに目的やペルソナ、コンセプトなどの基礎をしっかり固めた上で、実際にホームページを作成することが大切です。 また、SNSの活用や定期的な改善・更新も欠かせません。これらのポイントを抑えながら、ぜひ集客効果を感じられるホームーページを作ってみてください。

  • 初心者でも簡単!Wixを使いこなすための隠れた裏ワザ7選

    Wixは、初心者でも簡単にホームページを作成できるホームページ作成ツールです。世界190か国、1億6,000万人もの人が利用している人気のサービスで、2006年の設立から15年以上もの月日が経ちました。この記事をご覧になっている方の中にもすでにWixを利用しているという人もいるのではないでしょうか。 時代の変化とともにWixの機能も次々と増えてきたため、実はあまり知られていない機能もあるかと思います。そこで今回の記事では、Wixをより使いやすくなるような便利な裏技7選をご紹介します。どれも簡単な機能なので、より効率的に操作するためにもぜひ活用してみましょう。 Wixを使いこなすための裏ワザ7選 Wixは自由にカスタマイズできるのが魅力の一つですが、実はあまり使われていない便利な機能も存在しています。下記が今回ご紹介する7つの裏ワザです。 サイトのバージョン復元 Googkeマップのカスタマイズ パーツを揃えて配置する X、Y値による正確な配置 作成中のホームページを複数バージョン保存 公開前のフィードバック 共同管理者の設定 ①サイトのバージョン復元 サイトを作成していく中で、最悪の場合、せっかく時間をかけて作ったページやパーツが消えてしまう恐れがあるため、新しく追加した情報を頻繁に上書き保存することはとても重要です。 とはいえ、状況によっては以前のバージョンに戻りたいということもあるでしょう。そのようなときに役立つのが復元機能です。 エディタ左上「サイト」→「編集履歴」をクリックします。 「サイト編集画面を開く」を選択してください。 編集履歴一覧が表示されます。日付、時間、アクションを実行したユーザーを確認できます。 フィルターを使用して「すべての編集履歴」「公開済み」「手動で保存」「星付き」の中から特定のバージョンを検索することも可能です。 該当するバージョン右横の「>(矢印)」をクリックし、復元状態を確認します。「復元」ボタンを押して完了です。 また、作成したサイトを削除してしまった場合の復元も可能です。 以下を参考にしてください。 ダッシュボード左上のサイト名をクリック→「すべてのサイトを開く」を選択します。 「ゴミ箱」フォルダをクリック→復元したいサイトにマウスオーバーし、「サイトを復元」ボタンをクリックして完了です。簡単な手順で復元できるため、安心してサイトの編集が行えます。 ②Googkeマップのカスタマイズ 実店舗を運営している場合、ホームページ上にも店舗への住所やアクセス方法を掲載することは一般的。そのようなときにGoogleマップをサイトに載せてストリートビューオプションを有効化すれば、店舗の外装や近隣状況を把握してもらうのに役立ちます。 エディタ左上の「追加」ボタンをクリックします。 「フォーム」→「Googleマップ(地図)」を選びます。マップをクリックまたはお好みのデザインのマップをページ上の希望の位置までドラッグします。 マップを選択し、「設定」アイコンをクリックします。ストリートビューの項目を有効化に切り替えて完了です。 他にもマップに対応する機能が豊富に用意されています。すべて同様の手順でカスタマイズできるため、下記内容も参考にしてみてください。 ズーム…数値を設定することで、マップの縮尺を変更できます。 地図 / 衛星写真…有効化にすることで、ユーザーが地図と衛星写真の切り替えを自由に行えるようになります。 ズームイン / アウト…有効化にすることで、ユーザーがマップの拡大・縮小を自由に変更できるようになります。 ルート案内リンクを表示…Google のルート案内サービスを表示または非表示にします。 マップのドラッグ…有効化にすることで、ユーザーがマウスを使って自由に地図を移動できるようになります。 ③パーツを揃えて配置する パーツを中央や右・左揃えで正確に配置すると、より見栄えのよいサイトとなるでしょう。そういった美しいレイアウトを作るには、「スナップツール」と「定規」を活用するのがおすすめです。 スナップツールの使い方 スナップツールを使うと、パーツを移動する際にグリッド線やその他のパーツにくっつくため、感覚で整列させることが可能です。また、表示される整列マーカーに合わせてパーツを移動できるため、中央揃えや右・左揃えが簡単に行えます。 エディタ右上の「ツール」ボタンをクリック→「スナップ線」にチェックマークを入れ、機能を有効化します。不要なときはチェックを外してください。 マップを中央に配置する例の場合、紫色の整列マーカーが表示されました。 定規ツールを表示させる方法 定規(ルーラー)も、サイト上のパーツを正確に配置するのに便利です。 スナップツール同様、エディタ右上の「ツール」ボタンをクリック→「ルーラー」にチェックマークを入れ、定規を表示させます。非表示にするときはチェックを外してください。 上部と右端に定規が表示されました。 なおキーボード上で「Shift+R」を押しても、ルーラーを表示・非表示にすることができます。 ④X、Y値による正確な配置 上記で紹介したパーツを揃える方法は、マウスのドラッグ&ドロップ操作で簡単に配置できる方法ですが、時にはより正確にパーツを配置したい場合もあると思います。そんなときに役立つのが、X、Y値の入力による配置方法です。 エディタ右上の「ツール」ボタンをクリック→「ツールバー」にチェックマークを入れ、ツールバーを表示させます。 移動させたいパーツをクリックします。 ツールバー「位置」からX、Yの値を入力します。 Y はパーツの垂直の位置、 X はパーツの水平の位置を指しています。XとYはいずれもパーツの左上隅の縦位置と横位置です。 もし、複数のパーツを水平や垂直に配置する場合は、全パーツの「X」または「Y」の値を同じにしてください。 ⑤作成中のホームページを複数バージョン保存 何度も修正やレイアウト変更を繰り返して、やっと望み通りのサイトにたどり着くという方も多いと思います。そのように、さまざまなデザイン案を比較・検討しながら作業を進行させていくときに便利なのが「複製」機能です。 サイトダッシュボード上部「アクション」→「サイトを複製」をクリックします。 複製先サイト名を入力し、右下「複製」ボタンをクリックして完了です。 ※注意点 サイト内の全コンテンツが複製される訳ではありません。 例) Wixストアの商品は複製されるものの、受注リストの複製はできない。 連絡先リストの複製はできない。 メールマガジンの複製はできない。 請求書の複製はできない。 などが挙げられるためご注意ください。 ⑥公開前のフィードバック サイトを公開する前に、ビジネスパートナーや友人などの第三者から意見をもらうことは大切です。フィードバック機能を利用すれば、公開前のサイトの最新保存バージョンを共有し、コメントで評価してもらうことができます。 サイトダッシュボード上部「アクション」→「フィードバック機能」をクリックします。 フィードバックをもらいたい人の名前またはメールアドレスを入力します。 共有リンクのURLをコピーして、直接フィードバックを貰いたい人に送信することも可能です。フィードバック機能の共有リンクの有効期限は2週間で、パスワードが必要な保護されたページも共有されます。 もし、うまくリンクが共有できない場合は、「サイト編集」の権現が有効化になっているかご確認ください。 ⑦共同管理者の設定 ビジネス目的のホームページを運営する場合など、複数人で管理を行うこともあるでしょう。Wixの「役割・権現」機能を使えば、サイトの運営でヘルプが必要な場合にユーザーを招待することが可能です。 役割に応じて権現を与えられるため、 ブログ執筆担当者 クライアントのホームページ作成・管理担当者 など細かい割り振りができて便利です。 下記がユーザーを招待する方法です。 サイトダッシュボード「設定」→「役割・権現」にアクセスします。「+ユーザーを招待」ボタンをクリックして招待したい人のメールアドレスを入力してください。 該当する役割のチェックボックスを選択し、送信します。招待の有効期限は30日です。 なお、初期設定の役割一覧は以下の13種類です。 他にも、自身で新しい役割を追加することが可能です。 なお、共同管理者は招待されたホームページのみ編集することができます。個人情報はしっかり守られ、クレジットカードなどのアカウント情報が見られる心配はありません。 まとめ Wixを使いこなす上で覚えておきたい隠れた裏ワザは サイトのバージョン復元 Googkeマップのカスタマイズ パーツを揃えて配置する X、Y値による正確な配置 作成中のホームページを複数バージョン保存 公開前のフィードバック 共同管理者の設定 上記7つです。 無料であらゆる機能を使え、高クオリティのサイトを作れるWix。次々と画期的な新機能が開発されているため、今後も目が離せません。この記事で気になる機能を見つけた方は、ぜひご自身のサイト作成にお役立てください。

  • 制作会社まとめサイト「ZIUS」に掲載されました!

    このたび、「ZIUS(ジウス)」のホームページ制作会社のコラム記事に「クリエイティブラビット合同会社」が掲載されました。 ZIUSは、ライド株式会社様の格安ホームページ制作を行っているサービスで、月額1,100円~のご利用が可能です。 今回は、ZIUSのコラム記事で「クリエイティブラビット合同会社」をご紹介いただきました。 ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。 ★こちらはZIUS様のホームページです。 ↓↓↓ 月額1,100円からの格安ホームページ制作 ZIUS(ジウス) |会社情報 ライド株式会社  電話番号:03-3237-1173  住所:東京都千代田区一番町5番地 アトラスビル3階 |紹介記事 創業17年目のレンタルサーバの保守管理をメインに行っている会社になります。 お取引様企業数も23000社を超え、信頼と実績はあると自負しております。 現在、特に推しているホームページ作成サービス「Zius」は、とにかく格安で月額1000円から ご利用可能です。納品も最短で当日公開の実績がありますので、すぐにホームページが必要な 方にはお勧めです。 ただ、安いだけではなく、レンタルサーバの保守管理していることもあり、アフターフォロ ー体制も強化しております。是非、お問い合わせください。 |強み(特徴) ①お取引企業『23.531社』の信頼と実績! ②月額¥1000円からのホームページ作成可能! ③レンタルサーバーの管理も出来るため、一括保守が可能! |プラン情報 ▽基本プラン:参考価格¥1000 必要最低限の会社・事業の情報とお問い合わせフォームのついた5ページのサイトをお作り します。 ▽カスタマイズプラン:参考価格¥4000 基本プランからデザインのカスタマイズを致します。デザインを整えていくことにより、 ホームページの印象が大きく変わります。閲覧者への印象も強くなります。 また、SNSでの営業を支援。閲覧者が拡散しやすいシェアボタンもご希望により設置いたし ます。 ▽オリジナルプラン:参考価格¥6000 オリジナルプランは、機能の追加や特別なご要望のあるお客様向けのプランです。 ★こちらが掲載されましたページです。 ↓↓↓ クリエイティブラビット合同会社は、Wix公式パートナーとして活動している札幌市のWeb制作会社です。 制作料金は4万円~。1週間で納品が可能! 超格安・スピード納品・高クオリティで対応いたします。 ロゴや名刺、提案資料制作も行っているので、まるごとおまかせ下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。 ホームページ制作や広告運用、制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。 ↓↓↓

  • Web制作サイト「富山工房」の特集記事に掲載されました!

    このたび、ホームページ制作会社「富山工房」のブログ記事に「クリエイティブラビット合同会社」が掲載されました。 富山工房様は、SEO対策を始めとする「集客」が強みのWebサイト制作会社です。 今回は、札幌市のおすすめホームページ制作会社としてご紹介いただきました。 ぜひご高覧頂ければと存じます。 ★こちらが掲載されましたページです。 ↓↓↓ 【厳選8社+α】札幌市のおすすめホームページ制作会社 | 富山工房 ★こちらは「クリエイティブラビット合同会社」の個別ページです。 ↓↓↓ クリエイティブラビット合同会社の個別ページ クリエイティブラビット合同会社は、Wix公式パートナーとして活動している札幌市のWeb制作会社です。 制作料金は4万円~。1週間で納品が可能! 超格安・スピード納品・高クオリティで対応いたします。 ロゴや名刺、提案資料制作も行っているので、まるごとおまかせ下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。 ホームページ制作や広告運用、制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。 ↓↓↓

  • 制作会社情報サイト「ホームページ制作.jp」に掲載されました!

    このたび、ホームページ制作会社をまとめたサイト「ホームページ制作.jp」に「クリエイティブラビット合同会社」が掲載されました。 ホームページ制作.jp様は、全国の優良なホームページ制作会社から一括見積ができるサービスです。 今回は、札幌市のホームページ制作会社10選の一つとしてご紹介いただきました。 ぜひご高覧頂ければと存じます。 ★こちらが掲載されましたページです。 ↓↓↓ 【2021年版】札幌市のホームページ制作会社10社を特徴ごとに厳選紹介! | ホームページ.jp ★こちらは「クリエイティブラビット合同会社」の個別ページです。 ↓↓↓ クリエイティブラビット合同会社の個別ページ クリエイティブラビット合同会社は、Wix公式パートナーとして活動している札幌市のWeb制作会社です。 制作料金は4万円~。1週間で納品が可能! 超格安・スピード納品・高クオリティで対応いたします。 ロゴや名刺、提案資料制作も行っているので、まるごとおまかせ下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。 ホームページ制作や広告運用、制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。 ↓↓↓

  • 制作会社まとめサイト「W2B」に掲載されました!

    このたび、ホームページ制作会社をまとめたサイト「W2B」に「クリエイティブラビット合同会社」が掲載されました。 W2B様は、おすすめのWeb制作会社の情報を地域・ジャンル別にまとめているホームページ作成情報サイトです。 今回は、Wix・Jimdoのおすすめ制作代行会社としてご紹介いただきました。 ぜひご高覧いただければ幸いです。 ★こちらが掲載されましたページです。 ↓↓↓ Wix・ジンドゥーの制作代行会社おすすめ12選 | W2B クリエイティブラビット合同会社は、Wix公式パートナーとして活動している札幌市のWeb制作会社です。 制作料金は4万円~。1週間で納品が可能! 超格安・スピード納品・高クオリティで対応いたします。 ロゴや名刺、提案資料制作も行っているので、まるごとおまかせ下さい。 どうぞよろしくお願いいたします。 ホームページ制作や広告運用、制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。 ↓↓↓

  • 初心者でも簡単!Wixサイトのヘッダー&フッターの編集方法とは?

    Wixサイトを作成する中で、「自分(自社)のイメージに合ったカラーのヘッダーやフッターにしたい。」「フッターに情報を追加する等細かなカスタマイズ方法は?」といった疑問を抱えたことはありませんか? ヘッダーやフッターは、サイトの中で目立つ部分ではありませんが、とても重要な役割を果たしています。Wixサイトであれば専門的な知識がない方でも簡単にカスタマイズできるので、本記事を参考にしながらご自身のイメージに合った編集をしてみましょう。 ヘッダー・フッターの役割とは? ヘッダーやフッターは、基本的にサイトの全ページに表示されるため、会社名やページメニューを入れておくのが一般的です。以下では、ヘッダーとフッターそれぞれについて説明します。 ヘッダー=最上部に表示される領域 ユーザーがサイトを訪れた際に最初に目に入る帯状の部分がヘッダーです。サイト訪問者が、ページを閲覧するかどうかを判断する重要な役割を果たす部分の一つなので、興味を惹くヘッダー作りが大切だと言えます。 基本的に必要な要素は、サイト名とグローバルメニューです。サイト名にはトップページへのリンクを付け、ロゴがある場合は活用するとよいでしょう。 グローバルメニューとは、サイト内に設置した主要コンテンツをまとめたメニューのことを指し、移動したいページを見つけるのに便利なパーツです。他にも呼び方は様々あり、以下の5種類が挙げられます。 グローバルナビ ヘッダーナビゲーション ナビゲーションメニュー ヘッダーメニュー メインメニュ また、FacebookやTwitter等のSNSサイトとホームページを連携できるソーシャルバーを設置することで、サイト訪問者をSNSアカウントへ繋げることもできます。ヘッダーは、サイトの第一印象にも深く関わる部分なので、あまりごちゃごちゃさせずにシンプルにまとめるのがポイントです。 フッター=最下部に表示される領域 フッターとは、WEBサイトの下部に常に表示されている要素のことを指します。フッターはサイトの一番下までスクロールしないと見えない場合がほとんどなので、その重要性を忘れがちですが、サイトの満足度や回遊性を高める大切な役割を担っています。 一般的にはサイトマップやWebサイトの運営者情報、コピーライトを記載する場合が多いです。集客が目的のサイトの場合は、お問い合わせボタンや予約ボタンといったコンバージョンへの導線作りも欠かせません。 フッターにソーシャルバーを設置する場合もあります。 情報量を多くしすぎるとサイト全体のデザインが崩れがちになるため、どういった要素が必要か考えることが大切です。魅力的なフッター構成で、サイト訪問者の満足度へと繋げましょう。 WIx エディタの基本操作 まずは、エディタの基本操作について説明します。Wixは、ドラッグ&ドロップと文字入力ができれば編集できるシンプルな設計が魅力です。 画面左側のツールパネルには、ページの追加やパーツの追加、ブログの設定など、主にサイトを作るためのツールが配置されています。 ヘッダーやフッターの編集に関わるボタンは、最上部にある+マークのボタンです。 +ボタンからできること テキストの追加 画像のアップロード メニューの追加 ソーシャルバーの追加 等です。画面右側のツールパネルには、文字揃えや配置したパーツの大きさや一を微調整するのに役立つ機能が備わっています。 ヘッダー・フッター作成においては、左ツールパネルの方が多用するでしょう。 右ツールパネルが見当たらない場合は、編集画面右上にある「ツール」から「ツールバー」をクリックすると表示されます。それぞれのツールボタンにカーソルを重ねてみると、説明が表示されるので、迷うことなく操作できるのが嬉しいです。 ヘッダー・フッターの編集方法 エディタ全体の機能を理解したところで、実際にヘッダーやフッターを編集してみましょう。今回は、ネットショップサイトのサンプルを作成しながら説明します。 ネットショップ向けのテンプレートの「帽子・キャップ」を元に、自分好みのレイアウトを作っていきます。基本操作は他のテンプレートでも変わらないので、ご自身が目指すサイトのテンプレートを選択して作成してください。 初期設定のヘッダーは以下の通りです。↓ 完成したヘッダーはこちら ↓ 変更した箇所 サイトタイトルの変更 グローバルメニューの追加 ヘッダーの高さの調節 それでは順を追って説明します。 サイトタイトルの変更 編集したい文字をクリックし、文字を変更します。好みの文字サイズやフォントの変更、文字色や背景色の変更など、細かな設定が可能です。文字にカーソルを合わせてドラッグするか、右ツールパネルで数値を設定すれば位置の調節も簡単に行えます。 不要な文字パーツがある場合はDeleteキーで削除し、文字パーツを追加したい場合は左ツールパネルからテキストの追加を行いましょう。 グローバルメニューの追加 ヘッダーにグローバルメニューを配置すると、サイトが見やすくなる上、回遊率があがります。設置するときは項目を4~5つ程度に留め、すっきり見せることがポイントです。メニュー名もなるべく簡略化しましょう。 左ツールパネルの+ボタンから「メニュー(・アンカー)」を選択します。おすすめメニュー、縦型メニュー、横型メニュー、アンカーメニューが一覧として表示されるので、お好みのデザインを選択してください。今回のサンプルサイトでは、横型メニューを使いました。 ドラッグ&ドロップするだけで配置されるので簡単です。 メニューの内容を変更したいときは、カーソルをメニューに合わせてクリック→「メニューを管理」から編集できます。幅を変える際は、「レイアウト」から微調整が可能です。 ヘッダーの高さの調節 ここまで編集していくと、ヘッダーのバランスが気になってくると思います。高さ調節をするときは、ヘッダーの区切り線(点線)にカーソルを合わせると青いラインが表示されるので、そこをクリック→赤い線が出ることで、自由なサイズへと変更が可能です。無段階で細かく調節できるため、好みの高さが見つかりやすく便利です。 ヘッダーの種類 ヘッダー領域をクリックすることで、ヘッダーの種類を変更できます。 Wixで設定できるヘッダーの種類 スクロール 固定 隠す フェードアウト 2013年頃から、ヘッダーを固定して常時表示させる「固定ヘッダー」を採用するサイトが増えました。ヘッダーを固定することで、サイト訪問者は探しているページへ手間なく移動できるメリットがあります。サイトからの離脱を防ぐのにも役立つのでおすすめです。 フッターの編集 続いて、フッターの編集方法について説明します。 初期設定のフッターは以下の通りです。↓ 完成したフッターはこちら ↓ 変更した箇所 テキストの変更 リンクの追加 ソーシャルバーの変更 フッターの高さの調節 背景色の調整 こちらも一つずつ説明します。 テキストの変更 フッターメニューのテキストや最下部のコピーライト部分のテキストを変更します。 コピーライトとは、「©+文字」で表記される文字列のことで、著作権保護を示す証として使われます。 代表的な表記方法として以下の例が挙げられます。 「© 2022 COMPANY Ink.」の場合… ©:著作権 2022:発行年 COMPANY Ink. :発行者名 発行年は、はじめて公開した年でも更新した年でも構いません。発行者名についても、個人名・法人名問わず、日本語表記でも問題なく表記可能です。 ヘッダー同様に、変更したい文字を選択して文字を打ち込むだけなので簡単です。エフェクトを付けることも可能ですが、なるべくシンプルにまとめるとフッターらしく仕上がります。 リンクの追加 テキストを選択することで、リンク設定が簡単に行えます。リンクを貼りたい文字をドラッグで選択→テキストを編集をクリック。リンクボタンからご希望のURLやサイト内のページを入力するだけで、簡単にリンク設定ができます。 お問い合わせやQ&Aなどのリンクを充実させて、サイトの信頼性を高めましょう。 ソーシャルバーの追加 SNSボタンが一列に並んだものを、Wixでは「ソーシャルバー」と呼びます。デザインが統一されているので、すっきりしたデザインになります。お好みのソーシャルバーをドラッグ&ドロップするだけでOKです。 配置したソーシャルバーにカーソルを合わせれば、アイコンの大きさを変えることもできます。 初期設定では、6つのSNSボタンが設置されていますが、不要なアイコンは「ソーシャルリンクを設定」から削除できます。 より好みのアイコンを希望する場合や一度消してしまったアイコンを再度入れたい場合は、「アイコンを追加」から検索し設定することも可能です。メインカラーを絞って検索したり、TwitterやPinterestなど具体的なSNS名で検索もできるので大変便利です。 左右の順序を入れ換える際も、このページから設定できます。アイコンにカーソルを合わせ、ドラッグ&ドロップすることで簡単に入れ替わるので操作しやすいです。 表示させるSNSボタンが決まったら、それぞれのアイコンを選択してURLを設定しましょう。リンク先にソーシャルメディアのURLを入力します。最後に「完了」ボタンを押せば、あっという間にリンク設定が終わります。 フッターの高さの調節 ヘッダー同様にフッターも高さを調節し、全体的なバランスを整えましょう。 ヘッダー領域の点線にカーソルを合わせて上下に動かすだけでOKです。 背景色の変更 フッターのカラーを設定することはサイト全体の印象を引き締めるためにも大切な操作です。 フッターを濃い配色にするとページ全体のバランスが取れて安定感へと繋がります。また、ぱっと見でここから下はフッターと判断できるので、ぜひご自身のウェブサイトのトンマナを考えながらカラー調節してみてください。 まとめ Wixを使えば、ドラッグ&ドロップするだけで簡単にヘッダーやフッターのレイアウト変更が行えます。テンプレートが豊富に用意されているので、目的に合ったデザインを選んで、あとは微調整するだけ。あっという間に自分のウェブサイトが完成するので、ホームページ作成に困っている初心者の方にもおすすめのツールです。 ヘッダーやフッターを作る際は、全体的なバランスを考えて作成することが大切。ヘッダーにはメニューを、フッターには導線作りになるお問い合わせボタンなどを設置するのがおすすめです。 これらのポイントをおさえて、ぜひ気軽に理想のホームページを作ってみてください。

  • フリーランスのWixホームページの作り方:案件獲得に近づく10のステップ

    多くのフリーランスが仕事をするときに活用しているのが、SNSアカウントでの情報発信やクラウドソーシングサイト。しかし本格的に仕事を受注しようとすると、ホームページの開設は欠かせないでしょう。実際、活躍しているフリーランサーは自分のサイトを持っていて、案件受注の可能性を大きく広げています。 とはいえ、「ホームページの開設=案件受注」に直結するわけではなく、いくつかのポイントをおさえてホームページを作成することが重要です。この記事では、フリーランスで顧客を獲得したい方に向けて、Wixを使ったホームページの作り方について10つのステップに分けながら詳しく説明します。ぜひ参考にしながら充実したサイトを作ってみてください。 自作すれば費用が大幅に削減できる! ホームページを作成する場合、「自作」と「外注」に分けられます。費用をなるべく抑えたい場合は自作するのがおすすめです。 例えば外注で作成する場合に必要な初期費用は、十数万~数十万円程。プロに任せれば高度なデザインのホームページが作れますが、継続的に運営費がかかることを考えると、費用を抑えたい人には向かないでしょう。 一方、自作する場合はWixのフリープランを使えば無料で作成できるため、気軽に自分のホームページを持つことが可能です。広告非表示や容量の拡張、独自ドメインが取得できる有料版でも、月額1000円~2500円程度で利用できるので、圧倒的に費用がかかりません。 Wixでホームページを作るメリット Wixは、2006年にイスラエルで設立されたホームページ作成サービスです。日本語にも対応しているので、迷わずに操作できます。 また、HTMLやCSSなどの専門知識が不要かつ洗練されたデザインのサイトが作れるので、WordやExcelを使う感覚で簡単にホームページが作れるのもメリット。マウスのドラッグ&ドロップを使って、視覚的にレイアウトが作れます。 まずはセルフブランディングを行う フリーランスが自身をブランド化させることはとても重要です。理由として以下のポイントが挙げられます。 自分の価値と他人とを差別化する 認知度の向上 ビジネス・アイデンティティの確立 ファン(顧客)の獲得 今回の記事のテーマであるホームページの作成はもちろん、ロゴの作成、顧客ターゲットの選定、自身が抱える理念などをしっかり分析・実行することがセルフブランディングの方法です。自分をしっかりPRして、ビジネスチャンスをつかみ取りましょう。 フリーランス向けホームページの作り方 フリーランス向けのホームページを作る場合は、以下のステップで作成すると充実した内容になります。 案件獲得に繋がる10のステップ テンプレートを選択する ドメインを登録する ブランドを構築する コンテンツを充実させる デザインパーツを追加する ビジネスツールを導入する ブログを開設する SEO対策を行う スマホに対応させる ホームページを宣伝する それでは、項目ごとに詳しく解説していきます。 01.テンプレートを選択する まずはテンプレートを選びましょう。フリーランス向けのデザインテンプレートが豊富に用意されているので、目的に合ったデザインのものを元にして作成します。ご自身のスキルや実績を効果的に魅せられるテンプレートが見つかるはずです。 参照:wix.com レイアウト調整も視覚的に操作でき、自由にカスタマイズ可能。「アニメーション効果」などの機能も、マウス操作だけで作れるのでわかりやすいです。 テンプレート選びのコツは、シンプルなデザインを選ぶこと。後々のカスタマイズにおいても同様に言えることです。顧客が必要な情報を拾いやすいデザインを意識して、ホームページ作りを行うとよいでしょう。 02.ドメインを登録する ドメインとは? ドメインとは、ウェブサイトのとして使用される固有のウェブアドレス(URL)です。ホームページの場合、www.以下の部分のことを指し、自分で好きな文字列を指定するオリジナルのドメインを「独自ドメイン」と呼びます。 参照:wix.com 加えて、GoogleやSNS、特許取得プラットフォーム(J-PlatPat)を使って、取得予定のドメイン名が既に商標登録されていないか調べることも大切です。 03.ブランドを構築する ①ブランドロゴを作る 参照:wix.com セルフブランディングの一環として、オリジナルのブランドロゴを作ってみましょう。自身で作成できない場合、Wixのロゴメーカーを使えば簡単に商用利用可のオリジナルのロゴが手に入ります。簡単な質問に答えるだけでAIが自動でロゴパターンを出してくれるうえに、カスタマイズも可能なのでデザインが被る恐れもないでしょう。 ②サイトのフォントを決める フォントを決めて統一して使うことで、そのサイトのイメージを作ることができます。 フォントが与えるイメージ 明朝体…上品、知的、真面目 ゴシック体…親近感がある、目立つ、楽しい 丸ゴシック体…優しい、ソフト、ワクワクする 行書体、教科書体…和風、伝統的で古めかしい 参考にしたいサイトのフォントを調べる方法はいくつかありますが、Chromeの拡張機能「WhatFont」を活用するのがおすすめです。 参照:chrome.google.com 調べたいテキスト上にマウスオーバーすることでフォントの名前を知ることができます。 ③Webサイトのテーマカラーを決める Webサイトを作成する際は、配色比率に着目するとバランスの取れた美しいデザインに仕上がります。 ベースカラー:メインカラーやアクセントカラーの引き立て役 インカラー:サイトの色を決定づける色 アクセントカラー:最も目立つ色で、サイト全体の引き締め役 上記の配色バランスを元に、自身のブランドイメージに合うカラーを選んでみましょう。サイトのロゴカラーをメインカラーにしている場合も多いです。 ④スローガンを決める スローガンとは、ご自身がフリーランスとして働く上で考えている在り方を分かりやすく一言にまとめたもののことです。認知しやすい、口にしやすい、掲げやすいフレーズを一つ持っていると、競合他社との差別化を図ることができ、ブランドとして魅力的に映るでしょう。 04.コンテンツを充実させる 凝ったデザインのホームページを作り、自己PRに役立てる方法もありますが、クライアント目線のサイトを作るなら、コンテンツ内容にこだわることが大切です。 以下の表では、フリーランスがホームページに掲載すべき重要な項目をご紹介します。 上記を参考に、顧客ファーストを意識したコンテンツ作りをしましょう。クライアントが必要としている情報が拾いやすい内容・デザインを心掛けることは、案件獲得や信頼に繋がります。 05.デザインパーツを追加する 必須ではありませんが、サイトをより魅力的するならデザインパーツを追加するとよいでしょう。 Wixを使えば、ホバーエフェクト、カスタムグリッド、アニメーションなどの効果を簡単に組み込めます。コンテンツの見やすさを優先しつつ、自身のサイトに必要なパーツを選んでみてください。 06.ビジネスツールを導入する 参照:wix.com クライアントとのやり取りを簡素化するのに役立つのが、「Wixチャット」のようなビジネスツール。 フリーランスの場合、顧客とのコミュニケーションから商品のマーケティングまで一連の業務をいかに効率よくこなせるかが課題になりがちです。 そのようなときにWixチャットを導入すれば、訪問者のアクセス通知を受信してリアルタイムでチャットの送信が可能になります。また、チャットにフォームを表示して見込み客を獲得することもできます。 ほかにも、スケジュール管理ツールやアクセス解析ツールなど便利な機能はさまざま。時間とコストは有限なので、フリーランスとしての働き方を考えながらご自身にマッチするツールを取り入れましょう。 07.ブログを開設する ブログの開設も、長期的な視点で考えると顧客獲得に繋がっていくのでおすすめです。WIxには、高機能SEOツールが備わっている本格的なブログツール「Wixブログ」があるので、ぜひ利用してみましょう。 ただし、ブログを始めるのは駆け出しの慌ただしい時期ではなく、落ち着いてからでOKです。あくまで補助的な営業支援ツールとして、量より質を意識しながら書くことを推奨します。 08.SEO対策を行う 多くの人に見てもらえるよう、SEO対策をしっかり行うことも重要です。SEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、Yahoo!やGoogleなどで検索したときに自身のホームページを上位に表示させるテクニックのことをいいます。 ホームページのSEO対策は、一度行ったら完了というわけではなく、定期的にコンテンツを更新しながら行っていく必要があります。一般的に、検索エンジン利用者の80%が1ページ目までしか見ないといわれているため、しっかり対策を行いながら管理していきましょう。 09.スマホに対応させる 作成したホームページを、PCだけでなくスマホでもキレイに表示されるように設定しましょう。スマホからインターネットを利用する人は全体の約50%と言われているため、欠かせないポイントです。 スマホ表示に最適化させる方法は大きく分けて以下の2通りです。 このうちGoogleが推奨しているのは、レスポンシブデザインです。Wixサイトであれば、レスポンシブデザインにも対応させることができるので、非常に便利だと言えるでしょう。 10.ホームページを宣伝する ホームページの公開後は、顧客獲得のためにサイトを宣伝しましょう。方法としては、ご自身のSNSアカウントでホームページをシェアしたり、名刺やメールの署名にサイトURLを載せるなどがあります。 まとめ ホームページを作ることは、フリーランスの案件獲得の可能性を広げるのに有効的な手段です。 今回ご紹介した10のステップを丁寧に作り込んでいくことで、顧客にあなたがどのような人か、どのような理念を持って仕事をしているのかが伝わるでしょう。 また、クライアント目線になって、自然とサービス内容に目が行くようなシンプルなデザインを心掛けることも大切です。 クリエイティブラビットでは毎日公式LINEで案件を配信しています。スキル、実績問わず登録可能なので、ぜひ登録してみてください。

  • サブドメインとは?メリットやWixでの取得方法について詳しく解説!

    今回はサブドメインを作るメリットや、混同されやすい「ドメイン」や「サブディレクトリ」との違いを初心者にも分かりやすく説明します。 後半ではWixで作る際の手順も紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。 サブドメインとは? サブドメインとは、メインコンテンツと区別するときに設定するドメインのことです。ドメインの取得後に設定することができます。以下では、サブドメインとの違いや作成する目的などをより詳しく説明します。 ドメインとサブドメインの違い ドメインとサブドメインを見分ける方法は、「△△△.○○○.com」のようにドメインの前に文字列が入っているかどうかです。下記の例の場合、 https://creativerabbit.biz/ の「creativerabbit.biz」がドメインです。サブドメインがある場合は、 https://media.creativerabbit.biz や https://works.creativerabbit.biz といった表記になります。 サブドメインを作る目的 サブドメインは、同一のブランド・企業内で異なるテーマを扱う場合に利用するものです。 「Yahoo!」を例にする場合、同一ブランドの中でもショッピング・トラベル・ニュース・ヤフオクなど、テーマが全く異なるサービスが存在します。 そのような場合、 ショッピングは「https://shopping.yahoo.co.jp」 ニュースは「https://news.yahoo.co.jp」 トラベルは「https://travel.yahoo.co.jp 」 天気は「https://weather.yahoo.co.jp」 といった形で、各サービスを独立させて展開しています。 サブディレクトリとの違い 一方、サブディレクトリは独自ドメインを分割して作るページのことを指します。メインサイトの下層ページ扱いになり、パソコンで例えるとフォルダのような扱いです。 https://creativerabbit.biz を例に挙げてサブディレクトリを作る場合は https://creativerabbit.biz/○○○/ のように、独自ドメインの後ろを「/(スラッシュ)」で区切って文字列を表記します。 同一テーマの中で、より専門的なページを増加させたい場合や、メインサイトのコンテンツを増強させるのが目的の場合はサブディレクトリを作るのがおすすめです。 また、サブドメインで作ったWebサイトをさらに細かく分割する場合にもサブディレクトリを活用するとよいでしょう。 例)ショッピングサイトを運営する場合… このように使い分けることが可能です。 よって、サブドメインとサブディレクトリの使い分けをまとめると、 メインサイトに対して テーマが異なる場合…サブドメイン 同じテーマのコンテンツ…サブディレクトリ といった使い分けをするのが一般的です。この条件を踏まえた上で、どちらを選ぶとよりスマートになるか考えていくことが大切になってきます。 サブドメインのメリット・デメリット ここからは、サブドメインのメリットやデメリットをご紹介します。理由も併せて説明するので、サブドメインを導入する前によくご確認ください。 サブドメインのメリット サブドメインを作る主なメリットは以下の2つです。 ブランディング効果が高くなる ドメイン費用なしでコンテンツを分けられる 【メリット①】ブランディング効果が高くなる それぞ異なるサービスを提供していても、運営元が統一されていることで「関連のあるサイトだ」「類似サービスだ」と認識されやすくなります。 一貫したイメージを保ち、企業の認知度向上とユーザーの安心感を与えるためにもサブドメインの取得は欠かせません。 【メリット②】ドメイン費用なしでコンテンツを分けられる サブドメインはドメインを用途ごとに分割して作るため、コストや管理の手間が省くことが可能です。 本来、サイトを作るにはそれぞれでサーバーやドメインが必要になりますが、サブドメインの場合は取得費用や維持費用がかかりません。よって、サービス性やターゲットが同じ場合にはサブドメインの取得を行った方が経費削減に繋がるでしょう。 サブドメインのデメリット メリットが多いサブドメインですが、デメリットも少なからず存在します。 独自ドメインの悪影響を受けやすい 検索結果ページに表示されないことがある 【デメリット①】独自ドメインの悪影響を受けやすい もし、検索エンジンによってメインサイトの評価がマイナスと判断された場合、各サブドメインもその影響を受ける恐れがあります。しかし、見方を変えるとメインサイトが検索エンジンから高評価を得た場合には、サブドメインも僅かながら評価を得ることが可能です。 また、複数のサブドメインを所持していた場合、その中の一つの評価が悪くなっていると、他のサブドメインもSEOペナルティを受けやすくなってしまいます。 【デメリット②】検索結果ページに表示されないことがある Googleで検索した場合、サブドメインのサイトが検索結果に表示されない場合があるのも見逃せません。 現在のGoogleのシステム上、同一ドメインのページは検索結果に2つ(場合によっては3つ)までしか表示されないようになっています。これにはサブドメインのサイトも含まれているため、複数のサブドメインを所持していても、検索にかけた場合は原則3つ以上のサイトは表示されません。 サブドメインの作成ポイント サブドメインに関する理解が深まったところで、実際にどのような作成ポイントがあるのかご紹介します。 【ポイント①】できる限りシンプルなものにする サブドメインは、短いものの方が覚えやすく、入力もしやすいため効果的です。パッと見て分かるもの文字列を使用し、できるだけ短くしましょう。 【ポイント②】独自ドメイン下でどのような役割があるのか明確にする コーポレートサイトや個人サイト名を独自ドメインにしている場合、サブドメインにも企業名やサイト名を使う必要はありません。ブログやeコマースなど、そのサイトのどのような役割を担っているサイトなのか、分かりやすく表記することを推奨します。 【ポイント③】数字や記号は避ける 数字やダッシュなどの記号を含む文字列は、ウェブサイトに対する信頼感を損なう恐れがあります。また、直接入力するのにも適しません。 Wixを使ってサブドメインを作る手順 Wixでサブドメインを作る方法は非常にシンプルです。前もってサブドメイン名を決めておけば、あっという間に完成します。 あらかじめやっておくべきこと サブドメインを作る前に、あらかじめドメイン名の取得・購入を行ってください。 プランは下記4プランです。ご自身の目的に応じたものを選びましょう。なお、1年一括払いや2年一括払いにすると割引が適用されます。 手続きが完了している方は、以下の手順に沿ってサブドメインを作成します。 作成手順 設定したいWixホームページの管理画面を開きます。 「設定」をクリック→「独自ドメインを接続」を選択してください。 「登録済みのドメインを接続」をクリックします。 右下「サブドメインを接続」を選択します。 ※既にアカウント内にドメインを追加している場合は、「ドメインを追加」をクリック→「登録済みのドメインを接続」を選択してください。 サイトに接続したいサブドメイン名を入力します。 「次へ」をクリックし、画面に表示される手順に従って操作を完了します。 サブドメインの作成後にやるべきこと もし、本ドメインでGoogle Analyticsを利用している場合は、サブドメインを作成後にクロスドメイントラッキングが必要です。 クロスドメイントラッキングとは、ドメインを2つ以上またいでも同じWebサイトと見なし、Googleアナリティクス上でまとめて閲覧できるようになる設定のことです。1つのレポートとして表示してくれるため、訪問者のデータを正確に把握・分析することができます。 設定していない場合、Googleアナリティクスでは本ドメインとサブドメインは無関係なサイトと見なします。その結果、ユーザーがドメインをまたいでサイトを訪問してもセッションが途切れ、不具合を引き起こすことになるため、必ず設定するようにしましょう。 SSL証明書の取得も忘れずに! サブドメインに対応するSSL証明書のプロバイダーの検討も忘れずに行いましょう。 SSLの役割は2つあり やりとりされるデータの暗号化 Webサイトの所有者の証明 です。やりとりされるデータの中には、クレジットカード情報を含む個人情報があり、暗号化されていない場合は第三者によって情報が盗み見される恐れがあります。SSL化されていれば情報が暗号化された情報がサーバーに届くため、個人情報の流出を防ぐことが可能です。 また、SSL証明書を取得することで、認証局からサイトの安全性を証明してもらえることになります。 すべてのSSL証明書のプロバイダーでサブドメインが利用できるわけではないため、対応するものを検討することが大切です。 まとめ サブドメインの作成は、ビジネス利用のウェブサイトにおいて特に有効な手段です。 ブランディング効果が高くなり、コスト面においても余計な費用がかからずに済むのが大きなメリットでしょう。しかし、SEOの観点から見ると良くも悪くも独自ドメインの影響を受けやすいと言えます。 また、サブディレクトリとの違いを理解し、どちらを利用すべきか検討することも大切です。 Wixでの作成手順は非常に簡単なので、本記事を参考にしながらぜひ充実したサイト作成を行ってみてください。

  • Wixで独自ドメインを取得する方法は?重要性と登録の流れを徹底解説

    「○○○.com」や「○○○.co.jp」に代表される独自ドメイン。URLを好きな文字で作れるのが特徴で、Wixで取得するには有料プランにアップグレードする必要があります。 しかし、「どのような方法で登録すればよいのか」「本当に独自ドメインにする必要があるのか」「どのような独自ドメインが付けられるのか」と疑問に思っている人も多いでしょう。 そこで今回は、Wixで独自ドメインを取得する流れを一から丁寧に説明します。独自ドメインにする重要性やドメインの接続ができない場合の対処法についても触れているので、本格的なホームページを作成したい人はぜひ最後までお読みください。 ドメイン名とは? ドメインとは、インターネット上における住所のようなもので、Webサイトがどこにあるのかを判別する情報のことです。その中で、自身で取得するオリジナルのドメインのことを「独自ドメイン」と呼びます。 上記画像のようなURLの場合、「www.」がホスト名で、「creativerabbit.co.jp」がドメインに該当します。 さらに細かくドメインを分割すると、 creativerabbit…サードレベルドメイン .co…セカンドレベルドメイン .jp…トップレベルドメイン のように分けて考える場合もあります。 一つ一つのホームページに固有のドメイン名が割り当てられるため、全く同じドメインを持つサイトは存在しません。基本的に、独自ドメインを取得する場合は「サードレベルドメイン」と「トップ(セカンド)レベルドメイン」の組み合わせで選びます。 また、独自ドメインを取得すれば、前述したドメイン名の左側に希望する文字列を付け加えて派生的なドメイン(サブドメイン)を作ることも可能です。 この場合は「media」がサブドメイン、「creativerabbit.biz」が独自ドメインです。独自ドメインとサブドメインで作ったホームページは、Web上では別サイトだと認識されるものの、イメージの一貫性やブランディングに繋がるので便利だと言えます。 独自ドメインの重要性とは 結論から述べると、自社ホームページを持つなら独自ドメインを持つのが必須です。 独自ドメインにする重要性は主に以下の3つです。 信頼度がアップする ブランドイメージを構築できる SEOへ与える影響が大きい それぞれについて説明します。 信頼度がアップする ドメイン名にショップ名や会社名を含ませることは、認知度や信頼性の向上に繋がります。 たとえば、 https://www.creativerabbit.co.jp/ と http://homepage.aaa.com/creativerabbit/ ではどちらの印象がよいでしょうか。断然、前者の方が分かりやすく、直接ブラウザに打ち込んで検索しようと思ったときに入力しやすく、そして信頼できるでしょう。 そのため、信用を構築するという意味でも独自ドメインを持っておいて損はありません。 ブランドイメージを構築できる オリジナルのロゴと同様に、独自ドメインもセルフブランディングを行う上で重要な要素です。 サイトの名前や会社名をドメイン名に含ませることで認知度が上がり、ブランドイメージを確立しやすくなります。 SEOへ与える影響が大きい SEOに強いホームページを作るなら、独自ドメインの取得が欠かせません。ドメイン名を購入すること自体で検索順位が上がるわけではないものの、サイトのテーマに合致した文字を入れることはSEOに好影響を与えます。 また、よいWebサイトが運営できればその分「信頼できるサイト」と判断されてSEOに有利な状況を作り出すことができます。 Wixで独自ドメインを作るには有料プランにアップグレードする必要がありますが、本格的なサイトを作るなら独自ドメインの作成はは必須条件と言ってもよいでしょう。 独自ドメインの拡張子(トップレベルドメイン)の種類 トップレベルドメインとは、ドメイン名の最後に付く文字のことです。さまざまな種類があり、それぞれが住所としての意味を持っています。ここでは、代表的なトップレベルドメインの「gTLD」と「ccTLD」について説明します。 「gTLD」とは? gTLD(generic Top Level Domain)とは、世界中の誰もが持つことのできるドメイン拡張子のことです。企業名・商品名などに関連するドメインが1,000種類以上取得でき、主に使われているのは以下のものです。 「ccTLD」とは? ccTKD(Country Code Top Level Domain)とは、国や地域ごとに割り当てられたドメイン拡張子のことです。例えば、日本のccTLDである「.jp」と企業ドメインを表す「.co」を組み合わせて「.co.jp」と付ける場合があります。 上記例のようなトップレベルドメインの中から、自身のサイトにふさわしいものを選択します。ちなみに、Wixではすべてのドメイン拡張子を販売しておらず「.jp」は購入できません。 またgTLDに関してはさまざまな種類が販売されており、現時点では60種類以上ものトップレベルドメインの購入が可能です。詳細は「Wixのドメイン拡張子リスト」をご確認ください。 Wixを使った独自ドメインの作り方 Wixで独自ドメインを取得する方法は以下の2通りです。 Wix内で有料プランに登録してドメインを取得する 外部で取得したドメインをWixで使う サイトを新しく簡単に立ち上げたい人は①のWix内で登録する方法を選ぶとよいでしょう。ここからは、2つの方法についてそれぞれ説明します。 ①Wix内でドメインを取得する Wix内で独自ドメインを取得する方法をご紹介します。すべての流れをWix内で完結できるので、迷わずに操作できます。 【STEP1】有料プランにアップグレードする 独自ドメインを取得したいホームページを開き、ページ下部の「今すぐアップグレード」を選択します。 利用できる有料プランは4種類です。月額は表の通りですが、1年一括払いや2年一括払いにすると割引が適用されます。 加入したいプランを選択し、支払い情報を入力します。支払い方法はクレジットカードです。 【STEP2】ドメイン名を選択する 入力画面に希望するドメインを打ち込みます。すでに使われている文字列の場合は選べないものの、代わりにWixが自動的に候補をあげてくれます。 【STEP3】契約期間・連絡先情報を登録する 最後に、契約期間や連絡先情報、プライベート登録の有無を登録します。 契約期間は1年・2年・3年から選択が可能です。2年以上の登録で若干の割引が適用されます。 プライベート登録とは、なりすましやスパム、ドメイン名のハイジャックなどを保護・防止してくれるサービスです。年間で300円の料金がかかりますが、安全対策として登録を勧めます。サービスを利用しない場合は、パブリック登録を選択してください。 Wixで取得すれば、上記3ステップのみでドメイン登録が簡単に完了します。 ②外部で取得したドメインをWixで使う 外部で取得したドメインをWixに接続する方法は以下の2つです。 DNS(通常はこちらを使用します) ポインティング(メールは別のサーバーを利用するときなど) なお、外部のドメインを取得するには、「お名前.com」や「ムームードメイン」などのサービスを利用しましょう。どのサービスを使ってもWixでも設定は同じです。 また、ドメインを接続するには有料プランに入る必要があります。あらかじめアップグレードの手続きを完了させてください。 【手段①】DNS接続をする方法 外部サービスでドメインを取得したら、Wixサイトを立ち上げます。このとき、レンタルサーバーは「利用しない」を選択し、支払い手続きを完了させてください。 「登録済みのドメインを接続」を選択します。 つづいて、Wixサイトに接続するドメイン名を入力してください。 接続方法は「DNS」です。 次のページへ移ったら、変更後のカスタムネームサーバーをコピーしましょう。 ページ下部「接続を確認」をクリックし、Wix内の設定は完了です。 レンタルサーバーに戻り、ネームサーバーの設定変更ページを開きます。先ほどコピーしたネームサーバーを貼り付けて完了です。 最後にWixにきちんと接続できているか確認しましょう。なお、反映されるには最大で丸2日かかります。 【手段②】ポインティング接続をする メールは別のサーバーを使う場合は、ポインティング接続を行いましょう。 DNS接続と同様に、WIxサイトの編集画面を開き「登録済みのドメインを接続」をクリックします。 ドメイン名を入力し、次ページに表示される接続方法では「ポインティング」を選択してください。変更後のカスタムネームサーバーはコピーしておきましょう。 ドメイン登録したレンタルサーバーのドメイン設定画面を開き、ドメインの変更や接続設定を行い完了です。 ※外部取得のドメインの注意点 Wixに移管できるドメイン拡張子には制限があります。下記ドメインのみ、使用することが可能です。 ドメインが接続できない場合の対処法 ドメインが接続できない場合、まずは下記内容を確認しましょう。 ドメインが正しく割り当てられているか確認する ホームページが公開済みになっているか確認する ドメインが正しく割り当てられている確認するには、Wixの管理画面からドメインの設定画面を開き、接続状況を確認してください。 もしWix内で複数のホームページを運営していて、異なるホームページにドメインを割り当ててしまった場合は、「プライマリドメインへのリダイレクト」を実施することで移管が可能になります。 また、ホームページが公開になっていない場合、ドメインを接続してもホームページの閲覧はできません。「公開」に設定し、再度接続状況を確認しましょう。 ドメイン取得後にやっておきたいSEO対策 ドメイン接続後の初期設定でやっておきたいSEO対策は以下の4つです。 Google Analytics サーチコンソール サイトマップの提出 Google広告 Google Analytics ユーザー層を詳しく分析してくれるアクセス解析ツール「Google Analytics」を導入しましょう。Wixの「Visitor Analytics」も類似サービスなので、そちらでも構いません。アクセス状況がさまざまな視点から分析できるので、ホームページの内容改善に役立ちます。 サーチコンソール サーチコンソールとは、Googleが提供しているインターネット検索の分析ツールです。訪問者が、どういったキーワードで検索したかが分かったり、どんなサイトからリンクされているのかが判明したりします。 サイトマップの提出 サイトマップの提出も忘れてはいけません。Googleの検索エンジンが効率良くWebサイト全体をチェックしてくれます。提出するには、サーチコンソールを使って登録します。 Google広告 最後に必要に応じてGoogle広告の設定を行いましょう。一定の金額を払うことで、特定のキーワードを検索したときに自分のWebサイトを広告表示してもらえるサービスです。 まとめ ビジネスでホームページを持つ場合は、独自ドメインの取得がとても重要です。ドメインの取得方法は、 Wix内で取得する方法 外部サービスからドメインを接続する方法(DNS接続、ポインティング接続) 上記2つで、最もシンプルな方法は「Wix内で取得する方法」です。どちらの方法を選んでも、独自ドメインを作る際にはWixのプレミアムプランにアップグレードする必要があります。 また、トップレベルドメインの選択も慎重に行いましょう。自社サイト名など文字列をドメイン名に含ませ、商用には「.biz」を、商業組織用には「.com」をといったように目的に合致したものを選ぶのがポイントです。 今回ご紹介したノウハウを元に、自社の独自ドメインをしっかり設定し、ぜひイメージのよいホームページを作ってみてください。

bottom of page