ブログ・サイト初心者にはwordpressより、Wixがおすすめ

更新日:1月26日

昨今、Wordpressなど、さまざまなCMSが存在します。


しかし、アフィリエイト・個人ブログ・ECサイトなど多種多様なサイトを作成する人も多いので、どのCMSが適しているのかが悩みどころです。


「初心者にはWix、Wordpressどっちが適しているのですか?」


結論、ブログやサイト初心者にはWixが良いでしょう。Wixは初心者でも簡単にブログ・サイトを作成することが可能です。


本記事では、WixとWordpressを比較しつつ、なぜWixが初心者に適しているのか解説します。



| WixとWordpress

WixとWodpressは世界で代表する、CMSです。主にサイト・ホームページで使われているのがWordpress、2番目はShopify、そしてWixという順番になります。


Wix・Wordpressを簡単にまとめると以下の通りです。


  • Wix→イスラエル発祥のCMS。テンプレート(テーマ)が800種類、カスタマイズが簡単

  • Wordpress→アメリカ発祥のCMS。テーマが豊富で、世界で1番有名なCMS


Wixの特徴として、カスタマイズが簡単です。テンプレートをそのまま使い、細かいサイトの設計をすることなく、サイトを立ち上げることができます。


テンプレートは800種類以上あり、自分好みのサイトを作ることが可能です。特に、ブログやサイトを立ち上げる初心者にはありがたい機能でしょう。


一方、Wordpressの特徴はカスタマイズする際、知識が必要です。ネットで検索することも可能ですが、PCなどあまり知らない人が使うとなると行き詰まってしまう可能性があります。


しかし、Wordpressは知識が身につくと高度なカスタマイズが可能です。したがって、知識を学べば初心者でも使用可能なCMSとなっています。


| WixとWordpressの違い


WixとWordpressの大きな違いは2つあります。


  1. WordpressにはCSS・HTMLなどの知識がいる

  2. Wixはテンプレート範囲でしかカスタマイズできない


具体的に解説していきます。


1.WordpressにはCSS・HTMLなどの知識がいる


Wordpressはサイト設計をする際に、CSS・HTMLの知識が必要です。現在はWordpressの新機能「ブロックエディタ」があるので、比較的初心者でもサイト設計は可能となりました。ブロックエディタはWixと同じく、カスタマイズも簡単です。


しかし、Wordpressは他にも、「ヴィジュアルエディタ」・「テキストエディタ」とあり、2つはCSSとHTMLの知識が必要です。サイトデザインを大きく変えたい場合は、CSS・HTMLの知識が必要になります。


2.Wixはテンプレート範囲でしかカスタマイズできない


Wixはシンプルで簡単に操作できますが、テンプレート範囲でしか、カスタマイズできません。Wordpressのカスタイズには、サイトマップ・プロフィール・問い合わせなどを入れる必要があります。


しかし、Wixはテンプレートの中にサイトマップ・プロフィール・問い合わせ等がすでに搭載されているので、簡単です。テンプレート範囲でしかカスタマイズができませんが、テンプレートが鮮麗されているので、初心者にはもってこいのCMSとなっています。


| Wixのメリット


Wixのメリットは代表的に3つあります。


  1. Wixサイトの作り方・使い方が簡単

  2. テンプレートがあり、カスタマイズが簡単

  3. サポート機能が強い


上記、具体的にひとつひとつ解説していきます。


1.Wixサイトの作り方・使い方が簡単


Wixはサイトを作成する際に、初心者でも簡単に作成可能です。実際、筆者もWixを使って、ホームページを作成しましたが、Wordpressよりはるかに簡単でした。


Wordpressは作成するのに、慣れている人でも30分ほどかかりますが、Wixであれば15分ほどで終わるでしょう。


Wixはドメイン・サーバー・テンプレートを一括で決めることが可能であり、Wordpressとは半分の時間でサイト・ホームページ作成が可能です。


また、Wixは編集が素早く行うことができ、直感的に編集することもできます。ブロックのように、編集したい部分を移動することができるので、素早く行うことが可能です。


直感的にも編集をすることができ、例えばプロフィールが入る位置が気に入らければ、自分が思う場所に移動することができます。


2.テンプレートがあり、カスタマイズが簡単


Wixのテンプレート実に、800種類以上あると言われています。作りたいサイト・ホームページによってテンプレートを選ぶことが可能です。


  • ECサイト

  • 個人ブログ

  • アフィリエイトサイトなど


ECサイト・個人ブログ・アフィリエイトに特化したテンプレートも豊富にあります。逆に多すぎて困るという人もいるので、慎重に選ぶようにしましょう。


3.サポート機能が強い


Wixは公式サイトからのサポートが手厚いです。



サイト作成初心者は基本的な情報を気軽に調べることができ、中級者〜上級者向けになると SEOやストアの設定のやり方も記載されています。


上記画像は、いわゆるマニュアルなので詳しいことを確認したい場合は、「Wix公式ヘルプセンター」にアクセスすると確認できます。


| Wixのデメリット


Wixのデメリットは代表的に3つあると言われています。


  1. SEOに弱い

  2. 読み込みが遅い

  3. サイトデザインを変えれない


1.SEOに弱い


Wixは他のCMSに比べると、一般的SEOが弱いと言われています。Googleは「クロール」という機能を使い、質の良いサイト・記事を探知し、ランク付けをします。つまり、GoogleがKWで質のいいサイト・記事を検索して、ランク付けするイメージです。結果、Googleで記事の順位が決まるという仕組みになっています。


しかし、WordpressなどのCMSと比べると、Wixのサイトや記事はGoogleの「クロール」が遅いと言われています。


一般的に、Wordpressの方がSEOに特化されて設計されているCMSなので、Googleに早く発見されやすいのです。


ですが、WixにもSEO対策の機能は搭載されています。例えば、SEOに欠かせないGoogle アナリティクスやサーチコンソールとの紐付け機能もついています。


また、アプリを入れることによりSEO対策はWordpressと同じように対策を取ることは可能です。


SEOは数ヶ月に1回「コアアップデート」というGoogle内の順位を見直す作業があります。Googleがルールを変えるので、順位が入れ替わり、例えば1位の記事が急に10位に変動したりします。


最近のコアアップデートの傾向を見ると以下の通りです。


  • ドメインパワー(サイトの強さ)による

  • サイト・記事のEATの高さ

  • オリジナリティのある良質な記事


ドメインパワーとは、簡単に言うと「サイトの強さ」です。ドメインパワーによって、Googleの順位は大きく変わります。


EATとは「権威性・専門性・網羅性」の英語名称の略で、サイト・記事が読者のニーズに答えられているかを問う言葉です。


最後に、オリジナリティですが、これはそのサイト・記事にしかない「経験」をGoogleを求めます。つまり、読者の欲求を全て満たすサイト・記事であれば、どのようなCMSであっても順位が上がると言われています。


2.読み込みが遅い


Wixは他のCMSと比べると、読み込みが遅いと言われています。


  • テンプレートに、ほとんどの機能が詰まっているから遅い

  • テンプレートによって読み込みが遅い

  • カスタマイズすると遅くなる場合あり


特に、テンプレートにアプリなどを入れてカスタマイズすると、サイトスピードが落ちてしまいます。


Wixを使う際、SEOを強化する場合はアプリのダウンロードは必須です。そのため、画像などを圧縮・使わないアプリは削除するなど、サイトを軽くする取り組みは必要でしょう。


3.テンプレートを変えれない


Wixはテーマのテンプレートを決めて、一度そのテンプレートでサイトを作成したら、基本的に変更することはできません。


また、サイトテンプレートの移行もできない仕組みです。つまり、一度そのテンプレートでサイトを作成したら、記事などの移行、テーマ変更はできない仕様となっています。


したがって、テンプレートを選ぶ際は慎重に選ぶようにしましょう。


|Wordpressのメリット


Wordpressのメリットを3つ、代表的なものを解説します。


  • SEOに強い

  • 自由にカスタマイズできる

  • 拡張機能(プラグイン)が多い


1.SEOに強い


WordpressはWixや他のCMSを抜いて、世界で1番のCMSです。その理由として、「SEOに強いから」と言われています。


  • テーマによってSEOに特化している

  • SEOに必要な機能が備わっている

  • カスタマイズによって、SEOに強くなる


Wordpressはテーマによって、SEOに強いテーマがあります。例えば、有料テーマで有名な「Affinger」はSEOに特化したテーマです。


Affingerはもちろん、他のテーマでもSEOに必要な機能が備わっています。狙うKWを設定できる・タイトルでKWを狙う・ディスクリプションなど、他にもさまざまな機能があります。


また、カスタマイズによって SEOに強いサイトを作ることが可能です。CSSやHTMLでサイト自体を拡張し、良質な記事を書くとGoogleからの評価も上がります。


2.自由にカスタマイズできる


Wordpressは自由にカスタマイズ可能です。Wordpressには「ヴィジュアル・テキスト・ブロック」とスタイルがありますが、どれもCSSやHTMLなどさまざまな拡張でカスタマイズできます。


特に、PCのの知識・サイト設計がうまい人がWordpressを使ってサイトを作ると、「企業サイト」のようなサイトが完成します。


Wordpressは高度な知識やデザイン性を持っている人が使うと、非常にクオリティの高いサイトになるでしょう。


3.拡張機能(プラグイン)が多い


Wordpressには拡張機能(プラグイン)が多いです。基本的に、Wordpressのサイトはプラグインや記事を入れないと、見栄えがよくありません。




上記のように表示されるだけで、設定することは多いですが、好きなようにカスタイズすることが可能です。


その際にプラグインを入れると、見栄えが良くなり、記事を書く際も楽になる場合もあります。


|Wordpressのデメリット


Wordpressのデメリットは全部で3つあります。


  1. 初心者には難しい

  2. 初期設定が難しい

  3. 慣れるのに時間がかかる


1.初心者には難しい


Wordpressのデメリットとして、初心者には難しい仕様になっています。特に、Wixと違い、テンプレートで全てのコンテンツが揃ってないので、プラグインやCSS・HTMLでカスタマイズする必要があります。


初心者は基本的に、プラグインやCSS・HTMLは知る人は少ないでしょう。そのため、サイトを作るだけでも1日かかる人もいます。


また、テーマもSEOに特化したテーマがあるせいか、カスタマイズが難しいテーマも存在します。初心者が何も知らずにサイトを触ったら、サイト全体が崩れてしまう可能性もあるでしょう。


Wordpressの内部を触る際は、Googleで検索や同じテーマを仕様している人に聞きつつ触ることをおすすめします。


2.初期設定が難しい


Wordpressは初期設定が初心者にとって、難関です。


  • 問い合わせフォームを作る

  • プロフィールを作る

  • サイトマップを作る


上記は一部ですが、サイトを作る上で最低限のことです。サイト初心者には1日かかってしまう作業になるでしょう。


プラグインやCSS・HTMLなどを設定すればできますが、どの部分を触ればいいのかわからないはずです。


これらもGoogleで調べつつ、やりながら覚えていくしかできないのが、Wordpressのデメリットと言えるでしょう。


3.慣れるのに時間がかかる


Wordpressは操作自体、慣れるのに時間がかかります。特に、サイトを作り、収益化を目指すのであれば、尚更です。


  • PCの位置設定

  • スマホでの位置設定

  • タブレットの位置設定


Wixでは、プロフィールや記事一覧の見え方はテンプレートが位置を決めてくれます。しかし、Wordpressは自分自身で全て決めなくてはいけません。


カスタマイズは自由にできますが、自分で調べながら設定しなければならないので、初めての人にとってハードルは高いでしょう。


まとめ:初心者にはWordpressより、Wixがおすすめ


結論、ブログやサイトを初めて作る人にはWixがおすすめです。もちろん、SEOが弱いなどデメリットはあります。


しかし、良質な記事を作成・専門性を高めていけば、Googleが評価してくれて記事の順位も上がるでしょう。「Wix公式ヘルプセンター」に聞くことが可能です。


Wixでサイトを作りたい人は「Wix公式ホームページ」から作成できます。登録したら30分もかからずに、サイトを作れるので今すぐに登録しましょう!

閲覧数:24回